Natrol 大豆イソフラボン Soy Isoflavones

www.nyoutlet.com
 効能>>> 健康維持、ホルモンバランス

Natrol 大豆イソフラボン(Soy Isoflavones)
Natrol
大豆イソフラボン
Soy Isoflavones 100 mg
$30.00(送料込み)
 120カプセル


Natrol 大豆イソフラボン(Soy Isoflavones) オーダー

参考為替レートチェック
只今の為替レートチェックはコチラまで。
食卓から生まれたサプリメント大豆イソフラボン

豆科の植物に含まれる「イソフラボン」はフラボノイドの一種で、大豆では、胚軸(大豆の黒いヘソ)に多く含まれています。構造式が女性ホルモンのエストロゲンと似ているので穏やかな女性ホルモン様の働きをすると注目されています。

イソフラボンはポリフェノール化合物の一種で、大豆胚芽に多く含まれます。「植物由来のエストロゲン」と呼ばれ、特に更年期の女性にすすめられます。

イソフラボンのスキンケア商品、【ソイ・インテンシブ・リジュビネイティング・セラム】はコチラまで

イソフラボンの働き

◆更年期の不快症状の緩和
女性ホルモンが減少してくると、全体のホルモンバランスが崩れて、発汗、のぼせ、頭痛、めまい、肩こり、頻尿など様々な症状が現われるようになります。  穏やかな女性ホルモン様作用のあるイソフラボンを利用すると、デリケートなホルモンバランスをうまくコントロールしてくれます。  「のぼせ」の回数が減少したというデータが報告されています。

◆骨が溶け出すことを抑える
女性ホルモンは骨が溶け出すのを抑える働きを持っています。したがって、女性ホルモンの減少が始まる40代から女性の骨量は減少傾向となり、閉経を迎えると急激に減少し、60代では骨粗しょう症が急増します。  卵巣摘出ラットの実験で、イソフラボンによるものと思われる骨密度上昇結果が得られています。  また、骨の健康のためには、カルシウム、ビタミンK2、ビタミンC、ビタミンDなども必要です。

◆動脈硬化の予防
女性ホルモンのエストロゲンはコレステロールをコントロールしています。そのため、閉経後女性はコレステロール値が上がりやすくなります。  穏やかな女性ホルモン様作用のあるイソフラボンは悪玉コレステロール(LDL)を減らす働きがあるので動脈硬化の予防になります

◆ガンの予防
最近、イソフラボンが乳がんや前立腺がん等の予防にも効果があることが、疫学的な調査で明らかになってきています。特にイソフラボン配糖体のゲニスチンという物質に、腫瘍の生命維持に必要な血管新生を抑さえる効果があり、それにより腫瘍の増殖を抑制することがわかってきました。

◆その他の働き
脳卒中、痴呆、糖尿病、高中性脂肪、肌の老化、などの予防あるいは軽減効果が発表されています。さらに、近年問題となっている環境ホルモンをブロックすることも知られています。


■使用方法

2〜4カプセルを食事を一緒に摂取してください。


取り扱い注意

女性ホルモン(エストロゲン)のような働きをするので、子宮筋腫があるなどエストロゲンが多いと進行するような病気を持つ人は摂ってはいけません。


■配合成分

soflavones (from Soy Extract), Daidzin & Daidzein, Genistin & Genistein, Glycitin & Glycitein


■発送方法

一回の発送は1種類2個までとさせて頂きます。それ以上ご注文の場合は翌日、別口で発送させて頂きます。

Natrol 大豆イソフラボン(Soy Isoflavones)

◇このウェブサイトで紹介しているインフォメーションは医師又は薬剤師からの指示とは異なるのでご使用の際には必ずパッケージあるいは添付されているむ文書をお読みください。 今までにアレルギー症状を起こされたことのある方、あるいは現在医師の治療を受けておられる方は医師又は薬剤師にご相談ください。

Copyright(C)nyoutlet. com All Rights Reserved.